中古車買取相場を知って高く車を売る

中古車買取相場はなぜ知っておく必要があるのでしょうか?
中古車を売りたいけど、いったいいくらで売れるのだろうか

 

そんな疑問を感じた事はありませんか?

 

概算で、いくらくらいと記載されているサイトや調べる事が出来るサイトはたくさんありますが、中古車買取相場は常に変動していますので、正確な数字は出ません。
逆に、その正確な数字をあてにして、ガッカリする事も多いのです。

 

 

中古車は、古くなればなるほど安くなるのが常識です。

ですから、更新されていないサイトや調べるプログラムは、常に最新情報にしておかなければいけません。
そういった中古車相場サイトを利用しないで、業者さんに直接査定を取らないと、概算も大きな違いが出るのです。

 

 

 本当の正しい中古車買取相場を知りたいのであれば、かんたん車査定が便利です。
入力後、1秒で相場を知る事が出来ます。
専門サイトで毎日更新していますので、是非一度ご覧ください。

 


高く売れる方法

次に高く売れると評判の2つの方法、買取とオークションの違いについて紹介したいと思います。
違いを理解する事で高く車を売る事ができるかもしれません。

 

買取の流れは、車を売却して車買取専門店が、車を買い取ります。
その後、業者オークションに出品され、中古車販売店がその車を購入し、中古車として販売されていきます。
一番安心で最高額が期待出来るでしょう。

 

オークションは、この車買取専門店を通さないで直接業者オークションにかけることになります。

どちらが良いとは一概には言えませんが、落札されるようであれば、オークションにかけたほうが高値で売れる可能性があります。
オークションにかけて中古車販売店が競り合いをするような場合は買取価格よりもかなり高値になる可能性があります。
逆にまったく入札金額が上がらない場合もありますし、最悪の場合入札されないまま終わってしまうこともあります。

 

ただし、出品は無料で行えますので、一度チャレンジしてみても良いと思います。

 問題点も多く、トラブルが付きものですので、シッカリとリスクを取ることが大事です。
代行業者もありますが、手数料を考えると、車買取業者の方が高く売れるケースが多いです。

 

オークションに出すのであれば、大体の相場を知っておく事も大切です。
相場がわからないのであれば、インターネットで走行距離、メーカー、車種などを入力すればすぐに相場が表示されるサイトなどがありますので、そちらを利用して、相場を知っておく事をお勧めします。

車買取で失敗しないために

車買取は、色々な買取業者が独自の基準で査定します。
その為、大きな買取金額の差が出る場合も多いのです。
また、購入後3年未満の年式の新しい車種ですと、大きな差は出づらくなっています。

 

しかし、3年以上経過した車では、20万程度の差や場合によっては40万と大きな差が出ています。

まずは、一括査定で買取価格の差を調べてみてください。
そして、出てきた金額を元に交渉を行っていきます。
これが、まず第一歩です。

 

 車買取で高値を引き出す為には、最低でも8~10社から査定金額を出してもらう事で、高価買取が実現する可能性が高まるデーターが出ています。

 

一括査定サイトは、全部同じ買取店が出るわけではないので、買取店が少ない場合は2、3サイトで一括査定を行ってください。

 

とにかく、多くの中古車買取専門店に査定を出してもらうのが、最高額を手にするコツです!!

 

 

かんたん車査定ガイド

今、一番高価買取金額が出ると評判の一括査定サイト。

 

入力も簡単で、車種と年式と走行距離の3点を事前に用意しておけば良いです。

 

通常の一括査定では最大でも5~8社ですが、こちらは最大10社の買取金額が提示されるのは、ユーザー目線で考えられているサイトだからでしょうね^^

 

是非、使ってみたい一括査定サイトです。
特に注目する点、一括査定サイトでは、ガリバーが出てくるのは「かんたん車査定ガイド」だけです
実際に、査定金額を出してくれる車買取店も、大手から地元店までたくさんの買取店が出てきます。

 

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

知名度抜群のカーセンサーの一括査定サイトです。

 

カーセンサーの特徴は、事故車OKであったりメールでの査定金額提示OKという点です。

 

事故車は、判断が難しい部分でもありますが、修復歴があると事故車なの?って思われますが、どちらに判断されようと事故車OKの買取店が表示されますから心配はいりません。

 

車買取店が、どのような見解を持つかによりますが、査定は複数社から出ますから、高いお店に売ればいいですからね^^

 

 

メールでの査定OKは、女性や気の弱い方、または交渉が苦手な方に最適です。

 

しつこい勧誘もメールだったら安心ですしね^^

 

 

楽天 無料愛車一括査定

成約で3000ポイントをもらえるので確実に特になるのが楽天です。

 

一括査定だけを行う場合でももれなく5ポイントもらえます。

 

最大9社の見積もりですので、少ないように感じますが特色のある業者が多いので高値が期待できます。

 

楽天という安心感もありますし、ぜひご利用してみてください。

 

 

カービュー

以前は、車買取を一括査定で行う時は、カービューを使う人が多かったのですが、最近は色々な良いサービスが出ているので、少々押され気味ですが、サービスの質が高いので、業界1,2を争うシェアを持っています。

 

当然、シェアが大きいと、そこに参加する車買取店も多いですから、更に質の高い買取店が揃っています。

 

他社に無い買取店も多いですから、他社で買取店の数が集まらなかった場合は、是非使ってみてください。

 

 

 

車買取は、下取りよりも得です

車買取で失敗しないように、まずは下取りに出すのはやめておきましょう。
ほとんどの場合、車買取専門店より安い査定金額になります。

 

高く車を買取してもらうには、車買取業者に依頼するのが一番です。

 

また、普通に車買取店にいくよりは、車一括査定サイトで見積もりを出した方が高くなります
それは、車買取業者は、一括査定からの見積もりの場合、競って高い金額を出さなければ買取出来ないのをわかっているからです。

 

あなたの車に興味のない買取業者は、低い金額を出してきますが、欲しい業者は通常よりも高い買取金額を出します
これが、一括査定サイトを使うメリットでもあります。

 

まずは、一括査定をするのが先決です。

 

車買取はどのような流れで進むのか

どういった手続きが必要で、どのような流れで買取に向かっていくのか、知らない方も多いのではないでしょうか。
中古車買取に至るまでのプロセスを、順番を追って見てみましょう。

 

見積もり依頼

まず始めに、中古車の買取業者数社に、自分の愛車がどの程度の値段で買い取ってもらえるのか見積りを出してもらいます。
インターネットを活用すればまとめて見積もりを取ることが可能なので、このようなサービスは是非活用していきたいですね。

 

実車の査定

見積もりで出た金額に満足できたなら、この後はマイカーを確認して査定が行われることになります。
かかる時間は大よそ10分程度の場合が多く、査定額に納得したら書面での手続きを行います。

 

書面での手続き

書面での手続きには車検証や納税証明書をはじめとする書類が要求されますので、取り引きを円滑に進めたいのでしたら事前に準備しておくようにしましょう。
以上の手続きが全て完了した時点で、売買契約が締結されたと認識できます。

 

支払い

支払いに関しては業者によりまちまちですが、すぐに現金を渡してもらえるところも挙げられます。
基本的には数日後に振込みというところが多いため、当日現金の支払いを望むのならば早い段階で現金支払いが可能か確認してください。

 

車買取は結局は簡単

中古車を買い取ってもらうと言うのは、手続きが煩わしいという印象を持っている方もたくさんいることでしょう。
でも、細かい手続きは全て中古車買取業者の方で片付けてくれるので、こちらのやるべき事は書類の用意だけでよいのです。

 

 

 

 

 用意する書類

 

車を売却するには、様々な書類が必要になります。

まず、車検証が必要で、これは国土交通省の定める中古車検査に通った際に交付される証書です。
公道を走る際には必ず携帯しなければならない重要な書類です。
車検が残っている場合や廃車していない場合は、車検証は必ず必要なので、紛失した場合などは、必ず陸運局で再交付してもらうことです。

 

次に自賠責保険証明書を用意しておかなくてはなりません。
これは、車を公道で走らす際、必ず加入しなければならない中古車保険の加入証明書です。
もし紛失している場合は、加入している保険会社に連絡して再交付してもらわなければなりません。

 

中古車税納税証明書も用意する必要があります。
これは、毎年、4月1日現在に運輸支局に登録されている中古車所有者に対して課税される、中古車税を納付したことを証明する書類です。
中古車納税証明書を紛失している場合は、各都道府県の税事務所で再交付してもらうことです。

 

実印も必要で、実印は車を売却する際に必要な譲渡証明書に捺印するために必要なので、売却時に必ず用意しておきましょう。

 

他にも、印鑑証明書譲渡証明書などが必要です。

 

 必要な書類は、1.車検証 2.自賠責保険証明書 3.中古車税納税証明書 4.実印 5.印鑑証明書 6.譲渡証明書(書類は車買取店が用意)

車買取金額アップの為に、簡単に出来る事

車の買取を実行する際、数点の事柄を気を付けることで買取額が高まります。
なるべくなら高額で自分の車を売りたいですよね。

 

高値で売れれば、新たに買う車をよりよいものにできるでしょう。
このために、いくつか心得ておくことがあります。

 

何に対してもいえることですが、第一印象が肝心です。

 

買取を受ける前に是非きれいに車を洗ってください。
余計な汚れや水垢がない車は、買取をする際に印象を良くします。
車体のみならず車内の掃除も必ず行い、忘れてしまいがちなトランクルームが清潔に保たれているか確かめましょう。

 

それから、車内に搭載しているカーナビやエアコンがうまく作動しないと買取価格が下がってしまいます。
メンテナンスが行き届いていると評価されることが、買取価格がアップするポイントとなるようです。

 

オーナーが気づきにくい車内の臭いなども、判断材料の一つと考えられます。
自分以外の臭いは大抵、注意が向きにくいので面倒なものです。
殊にタバコやペットなどの臭いはイメージが悪いので、市販の消臭スプレーなどを使うのも一案です。

 

簡単チェックポイント
1.キレイにお掃除する事
2.装備品の動作
3.臭いに気を配る事


車買取の価格提示

車買取の終了後は直接、買取価格の詳細を教えてもらうことになります。
その話をする時、出張査定の時こそが買取額を上げる絶好の機会といえます。

 

お店によっては、かなり駆け引きをしてくる場合がありますが、一括査定を行っていれば複数社と会っていますからしたたたかに対応できますね^^

 

メンテナンスをきちんと行っていたことや、大切に乗っていたというプラスポイントをアピールします。
愛車を渡した後に次に所有する人の立場に立って、今一度セルフチェックをしたいですね。

 

車を買取に出す場合は下準備をすることで、買取金額が変わってくると意識しておきましょう。

 

出張査定の時はすぐに決めないで、依頼をした車買取店の全て査定金額を聞いた上で決めて下さい
「今すぐ決めてくれればいくらまで出します」といった言葉は信じてはいけませんよ。
後に他の買取店から同じ金額は必ず出ますので^^


中古車買取相場表って何?

中古車買取相場表とは、全国の車オークション会場での車取引金額の目安です。
車を売買する時は、まず自分の車の相場を知る必要があります。

 

ネットを検索するといろいろな価格が出てきますが、中古車買取相場表は一番簡単に見ることが出来る車の買取相場でしょう。
中古車買取相場表はさまざまな呼び方があり、オークション相場表と呼ぶ人や中古車買取相場表と呼ぶ人もいます。

 

さまざまなサイトで気軽に見ることが出来る表ですし、全国の車の目安金額を知れる信憑性の高い表となっています。

 

しかし、オークションの価格は常に変動しています。

地域によって人気の車もありますし、急に車が値上がることも値下がることもあるでしょう。

 

オークションなので、その時買いたい人がたくさんいれば値上がり買いたい人がいなければ値下がってしまいます。
中古車買取相場表はあくまで基準として考える様にしましょう。

 

東京では値上がる車でも、地方では値上がらない場合も多いにあり得ます。
中古車買取相場表を見るよりも、複数業者に買取査定をお願いした方が車の相場の参考になるでしょう。

 


中古車買取専門業者はなぜ誕生した

中古車買取専門業者は、ガリバー、ラビット、アップルなど様々な業者がいますが、その歴史は浅く、日本で最も古い専門業者は平成元年に設立したアップルと言われています。

 

では、何故中古車買取業者がその時期に誕生したのでしょうか?
1980年代における中古車売買は、TVオークションやネットオークションが主流であり、衛星通信と地上回線を組み合わせた独自のネットシステムにより全国どこででもカーオークションに参加できるものでした。
これらのオークションにより大規模な中古車買取市場の確立により、車を直接買取し、その後オークションにより高値で売ったり、業者間で転売することにより利益が生まれると考えられ、車買取専門業者が誕生しました。

 

中古車買取業者の特徴として、全国のオークション価格を参考に仕入れつまり車買取を行っている。
このため、人気の車種は高値で買取され、不人気の車種は低い価格で買取される。
こうすることで、車の転売を行う際のリスクを低減しているのである。

 

このため、人気車種を買い取ってもらう場合は中古車買取専門業者に、不人気車種はディーラーに下取りしてもらうことが得策だと考えられています。


中古車買取店の査定基準

中古車の買取を利用する際には、「査定基準を知る」ことが査定額に直結します。
まず買取店の査定基準として最も需要視されるのは、「どれくらい消耗、劣化しているか」です。
この項目でチェックされるものとしては、主に「エンジン」が代表的です。

 

エンジンはしっかりと手入れしていればいい状態で保持していくことが出来ますが、お手入れなしで適当に使っているとすぐ傷んでしまいます。
買取店では年式や走行距離も見たりしますが、それを踏まえた上で「エンジン」の状態を見るんです。
車の心臓とも呼ばれるエンジンですから、これに関しては買取店にいく前に軽く見ていったほうがいいかもしれませんね。

 

その他の査定基準としては、「全体の印象」があります。
外装の汚れですとかキズ、へこみ等は減額の原因となってしまいます。
特に外装の汚れについては自分でどうにか出来る範囲ですから、買取店の査定基準を考えながら、しっかりとお手入れしておくとよいでしょう。

 

最後にですが、「純正品パーツが使われているか」というところも査定基準の一つです。
もし純正品なら車として売り出すのが難しくてもパーツ取りとして利用することも出来るようになりますからね。
このような基準について対策しておくことが、買取額アップにつながるんですよ。

 

中古車買取業者が突然に倒産したら代金は?

 

取引している中古車の買取業者が突然倒産したような場合、支払われるべき代金はどうなるのでしょう。
こうしたことは現実にあります。

 

100万円で売却を契約して車を引き渡した後、いつまでも現金の振り込み日になっても振り込みがないので、実際に会社に行くと倒産していた、というケースが少なからずあります。
特に、規模の小さな買取業者でこうしたケースが発生しがちです。
実際、こうなると、代金が払われなくなります。

 

契約してすぐに倒産した場合、名義変更まで行われてない可能性が高いのですが、車を取り戻すのは非常に難しく、代金を回収するのも実際は厳しいです。
債権者として弁護士に相談すれば、幾らかは手に入るかもしれませんが定かではありません。
買取業者が突然に倒産したら代金は支払われないことが多いので、事前にこうしたトラブルを回避するよう手段を講じておく必要があります。

 

その方法とは、車を売却する時、売る日と代金を受け取る日を同じ日にできないか交渉しておくことです。
もしくは、代金の入金が確認できた時点で車検証などの書類を渡すという方法をとることです。